疲れる梱包作業

私が引越しの際にしんどいと思ったのは割れ物や家電の梱包作業です。洗濯機や冷蔵庫等の大型家電については引越し業者が無料で引き受けてくれたのですが、パソコン本体やディスプレイ、液晶テレビやレコーダー、コンポ等は自分でする事となりました。
家電の中でも精密機器や割れ物が多い部類ですので、自分自身の梱包が甘いと引越しの際に潰れてしまうかもしれません。いらない服を切ってクッション材にしてみたり、梱包材を買いに走ったりと試行錯誤しながらの梱包作業となりました。
引越し業者に一括して頼むプランも容易されていたのですが、想像以上に私物の精密機器が多く値段が高く設定されていたため断った結果が招いた作業でした。ひとつひとつ丁寧に梱包し、精密機器だけで丸1日を費やすこととなったのです。
今後このような事態にならない対策として、購入した時の外箱は可能な限り置いておこうと思います。購入時の箱はサイズはもちろんのこと、それなりに振動対策や外傷に対する対策もとられています。置いてあるのと無いのでは、梱包作業の捗り方が全く違うと考えています。

このページの先頭へ